2015年10月25日

鉄板?・・・マンネリ?

📖 巨悪利権
濱 嘉之  文春文庫


📖 禁裏付雅帳 政争
上田 秀人  徳間文庫


📖 町奉行内与力奮闘記 一 立身の陰
上田 秀人   幻冬舎時代小説文庫



めんどいので、まとめましたw

ani_book2.gif
読みなれた作者だと、すぐ読んでしまうんですが



61p3eXcA74L.jpg

内容紹介
大分・湯布院温泉で見つかった他殺体。被害者は九州ヤクザの大物・相良陽一だった。謎の凶器の解明を急ぐ青山が察知した日本を牛耳る巨大宗教団体の存在。事件は事件を呼び、舞台は京都、そして福岡へと広がる。黒幕・神宮寺武人、そしてチャイニーズマフィアに公安はどう対峙するのか。
累計54万部突破の「リアルすぎる警察小説」シリーズ第6弾!


もう、6作目になったのですねー。

アマゾンレビューの厳しいことw


確かに、捜査対象は公安が扱うのですから同様になり、捜査手法も同じなのですから、マンネリ化するのもやむを得ないのですが・・・

オイラはむしろ、今回の中国爆買いツアーの裏に潜んだ日中の闇社会、そして政治家、宗教団体、医療団体にからんだ暴力団の犯罪の描写のほうに関心があるので、面白く読みました。


51qAmlXpbdL.jpg

内容紹介
老中首座松平定信は将軍家斉の意を汲み、実父治済の大御所称号勅許を朝廷に願う。しかし難航する交渉を受けて強行策に転換。若年の使番東城鷹矢を公儀御領巡検使として京に向ける。公家の不正を探り、朝廷に圧力をかける狙いだ。朝幕をめぐる関係はにわかに緊迫する。定信を憎む京都所司代戸田忠寛からは刺客が放たれた。鷹矢は困難な任務を成し遂げられるのか。圧倒的スケールの新シリーズ、開幕!


新たなシリーズは、朝廷と幕府の戦い・・・というより、朝廷の枢要にある公家と手を組み画策する幕閣たちの暗闘w

今作では、松平定信は現役バリバリの老中の地位にあります。

権謀術数・暗闘の上田ワールドが展開されるんですね。


51Lk6TXqFpL__SX329_BO1,204,203,200_.jpg

内容紹介
「儂を大坂町奉行で終わらせるつもりか」。若き内与力・城見亨は、主の曲淵甲斐守から叱責を受けた。だが配下の町方は怠惰と汚職にまみれ言うことを聞かない。どころか甲斐守を排除すべく老獪な一計を案じる。思惑の渦にのみ込まれた亨。忠義心ゆえの生真面目さは町方の餌食か? 保身と出世欲が衝突する町奉行所内の暗闘を描く新シリーズ第一弾!


ついに上田さんも町奉行所に手をつけちまったかーw


まあそうは言っても上田さんですから、市井の人情話などを描くわけはなく、幕府の要職に上りつめようとする高官と、その家臣である主人公が幕閣の政争に巻き込まれていくというお話。

つまらなくはないと思いますが、ただ、ちょっとスケールがねー。 





k_line_c.gif

posted by 金魚 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_04.gif この書評、気に入りましたらお願いします。