2009年04月14日

久しぶりに、宮城谷さんの小説・・・華栄の丘

忙しくて、読書の時間がなかなかとれませんでした。ずいぶん更新してなかったんだなー。




それでも、3冊ほど読んでいたんですが、ブログで紹介するほどのものではなくて・・・





本 華栄の丘
 宮城谷 昌光 文春文庫



内容(背表紙)
争いを好まず、あえて負けを選ぶことで真の勝ちを得る―。乱世にあって自らの信念を曲げることなく、詐術とは無縁のままに生き抜いた小国・宋の名宰相、華元。名君・文公を助け、ついには大国晋と楚の和睦を実現させた男の奇蹟の生涯を、さわやかに描く中国古代王朝譚。司馬遼太郎賞を受賞した名作。




現代中国は嫌いだけれど、古代中国の話は面白い。




book_kaei.jpg




時は春秋時代、宋の国の文公の代の宰相・華元というマイナーな人物のお話です。


華元は、生来争いを好まず、また詐術も好まない。戦国時代間近の春秋の時代にあって、次第に大国が形成されていく中、小国の宋が生き残る道は、信義こそ重要と考える。



周王室が衰退し、力のある者が野心を見せるようになった春秋時代、楚が覇道を求め小国を圧迫し、宋国も存亡の危機を迎える。




権謀術数とは無縁、自身の栄達も画策してではなく、認められてのものであり、その政治は常に正道を歩もうとする。



君主にも部下にも恵まれはしたが、それも華元の人柄・生き方から得たものであろう。



礼を尊び、宋の国が王道を歩むことを第一義に政治を行う困難な道を選んだ華元の奇跡的な生涯・・・・・三国志や孫子などの小説のように華やかな戦いはありませんが、読後感は爽やか。





「徳は、生まれつき、そなわっているものではない。積むものだ。足もとに落ちている塵をだまってひろえ。それでひとつ徳を積んだことになる」





【 楽毅 】は、全四巻、長編大作で読みごたえのある小説でしたが、こちらは中編の一冊。大変手頃な佳品となっています。




k_line_a.gif



ハンチョウ・・・今野敏さんの原作を読んだオイラとしては、すんごくもの足りなかったドラマでした。ガッカリした〜もうやだ〜(悲しい顔)


posted by 金魚 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
banner_04.gif この書評、気に入りましたらお願いします。