2007年02月18日

無事の人

久々の更新です。

本を読んでいないわけではありませんが、なんとなく記事を書く気になれませんで・・・。




砂糖の世界史         岩波ジュニア新書

人体常在菌のはなし      集英社新書

「海底遺跡」超古代文明の謎  講談社+α文庫

粋に愉しむ焼酎NOW     小学館文庫

焦茶色のパステル       講談社文庫

あなたの人生の物語      ハヤカワ文庫

孤立無援の思想        旺文社文庫


・・・などなど。



人体海底遺跡は、ちょっとマニアックのような気もしますし。


砂糖の世界史は結構面白い内容でしたが・・・


焦茶色のパステルは、紹介記事を書きかけたのですが、めんどくさくなり、非公開のまま・・・もうやだ〜(悲しい顔)



あなたの人生の物語は、なかなか。記事アップするかもしれません。


孤立無援の思想は、久々に読みましたが、絶品。

本当はイチオシしたいのですが、この本絶版に・・・

旺文社のアホちっ(怒った顔)



オイラのお勧めしたい本は、大抵絶版してまして・・・もうやだ〜(悲しい顔)




さて、

これも、大学時代に読んで以来のほんとうに久々の再読なんですが、




本 無事の人  
   山本 有三  新潮文庫


山本氏の作品として、路傍の石真実一路は青少年向きの小説。オイラも中学時代読みました。純粋多感の時期に読むべき作品だと思います。



しかし、この作品は、むしろ大人向き。青少年が読んでもその良さが分かるかどうか?



宇多という男が宿で出会ったあんまが語るその半生。無骨・実直に生きる男を描き、表題の「無事の人」のこころを読者に示す。





山本有三、戦後唯一の作品でありますが、およそ100ページの短い小説ながら、佳品です。若者よりも、


本 中年が読み楽しむ一品


と言えるのではないでしょうか。



posted by 金魚 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 純文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
banner_04.gif この書評、気に入りましたらお願いします。