2014年07月28日

朝倉センセイ

本 茶席の禅語(上)(下)
西部 文浄   タチバナ教養文庫


一時期、仏教に興味を持ちましてね・・・・・

断っておきますが、宗教としてではなく、哲学としてです。


    オイラ、他力本願ってキライだものw yokotobis.gif


今、書棚に残っているのは・・・

講談社学術文庫
日本宗教事典、八宗綱要、ゴータマ・ブッダ、正法眼蔵随聞記講話、法句経講義、華厳の思想、天台思想入門、一禅者の思索

講談社現代新書
「覚り」と「空」、禅のすすめ 

講談社文庫
歎異抄

第三文明社
法華経現代語訳(上・中・下) 

PHP文庫
般若心経の智慧

角川文庫
宗教を現代に問う(中、下)

・・・全く統一性もなくw

面白かったのは、『華厳の思想』と『宗教を現代に問う』でしたね。『「覚り」と「空」』も良かった。宗教を現代に問う上巻は、人に貸したら戻ってこない・・・もうやだ〜(悲しい顔)

法華経についても、もう一冊どっかにいっちまったー。


比叡山の荒行「千日回峰」空海にも興味がありました。
   bye2.gif


いろいろ読んだけれども、ほとんど忘れちまったー 


一時期、知識はついたけれども、智慧とはならずw 悟りを開くこともなく。


『釈迦の教えは哲学であったけれども、いつのまにやら宗教になってしまった。』という結論だけが残りました。



さて。

ani_book2.gif
この本は20年くらい前に買ったもので、残念ながら絶版になっているようですね。


ISBN4-88692-401-8.jpg

内容紹介
茶席においては、掛け物ほど大切な道具はない。本書はそこに書かれた禅語の意味を平易な言葉でわかりやすく解説した、禅の入門書としても最適の書。


日日是好日とか主人公とか天上天下唯我独尊とか喫茶去とか、有名な言葉も収録されています。


以前、喫茶去をペンネームにしたことがあったっけ・・・


さて、この中で、55話、白馬入蘆花(白馬芦花に入る)



白馬入蘆花(白馬芦花に入る)

真っ白な馬が、一面真っ白に咲き乱れている芦の花の中にはいった、同色で見分け難いということで、不一不二の意をあらわした語。

これを日常生活の面から受け取ると、その時その場の事柄に、全身全霊を埋没させて純一無雑になること。




これに似た言葉で、下村湖人の名作・次郎物語第三部に出てくるのですが、



 「白鳥芦花に入る」 

『真白な鳥が、真白な芦原の中に舞いこむ、すると、その姿は見えなくなる。しかし、その羽風のために、今まで眠っていた芦原が一面にそよぎ出す。』


朝倉先生!


うーむ。

強烈なリーダーシップで人々を導くのではなく、目立たず真摯に生きることで知らず知らず周囲の人を感化していくという・・・

禅の言葉よりも、ずっとずっと深い味わいのあるお言葉でありますな。


       下村さんって、すごかぁ。  



中学時代に感銘を受けた小説であり、その言葉でありましたが、これもまた、なんら身に付かずにダラダラと還暦ちかくまで生きてきてしまいました。


30代、40代、尖って、尖って、生きてしまったかや。


理想「白鳥芦花に入る」と現実「孤立無援の思想」w

               anryu05.gif


      


k_line_c.gif
posted by 金魚 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
banner_04.gif この書評、気に入りましたらお願いします。