2015年02月25日

一月の第四日曜

本 三月の第四日曜 日本文学100年の名作第3巻1934-1943
池内紀/編 川本三郎/編 松田哲夫/編  新潮文庫



『日本文学100年の名作』と銘打って、新潮社が文庫100年を記念して全10巻を出版するそうで。


全部揃えてみようかなと思ったのですが、1巻、2巻、面白そうでないのよね。


ani_book2.gif
第3巻の目次をペラペラとめくると・・・

オイラの好きな海音寺潮五郎さんと中島敦さんの名前があるで。

これなら読めるかなぁ。



51sAcNpTRSL.jpg

創刊100年記念、全10巻の文庫全集。萩原朔太郎から中島敦まで、激動の時代の13編。

日中戦争、第二次世界大戦が勃発、史上最大の戦時に。過酷な時代を文学はどう生きたか。萩原朔太郎「猫町」/武田麟太郎「一の酉」/菊池寛「仇討禁止令」/尾崎一雄「玄関風呂」/石川淳「マルスの歌」/中山義秀「厚物咲」/幸田露伴「幻談」/岡本かの子「鮨」/川崎長太郎「裸木」/海音寺潮五郎「唐薯武士」/宮本百合子「三月の第四日曜」/矢田津世子「茶粥の記」/中島敦「夫婦」。



・・・・・・・・・・



   つまんねえよ。


考えてみれば、これまでほとんど文庫化されてないんでしょう?


そこに気づかなけりゃいかんよねw



海音寺さんも中島さんも、いただけなかったです。



文学史的価値はあるのでしょうが・・・つまんない。


文章も長々と読みにくいし、ストーリーもつまらない。

まぁ、村上春樹よりはましだけどさw


こうしてみると、現代作家の文章や物語の構成力ってのはうまいものだと思います。

   まぁ、例外もあるけどさw



もうこの本は二度と開かないでしょう。


一月の第四日曜に読了し、がっかりした。



k_line_c.gif

posted by 金魚 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 純文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412949956
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner_04.gif この書評、気に入りましたらお願いします。