2015年08月05日

碓井警部補シリーズ

本 ペトロ
今野敏  中公文庫



この碓井警部補シリーズは、第一作の触発をかなり前に読んでおりましたが、
                     kobito_b.gif


第二作の『アキハバラ』は背表紙の説明を読んでなんとなく気が進まずに、ずーっとそのままになっておりました。


最近、文教堂で碓井警部補の本がずらずらっと平積みされていまして、



ani_book2.gif
それじゃ、読んでみるかぁ。



第二作から、順に読み始めましたが、めんどくさくなって、エチュードは仕事場で、ペトロは家で同時に読みました。



514Z6EEA5PL.jpg

内容(「BOOK」データベースより)
その日、大学入学のため上京したパソコン・マニアの六郷四郎は、憧れの街・秋葉原に向かった。だが彼が、足を街に踏み入れた瞬間、店で万引き扱い、さらにヤクザに睨まれた。パニックに陥った四郎は、思わず逃げ出した!その瞬間、すべての歯車が狂い始めた。爆破予告、銃撃戦、警視庁とマフィア、中近東のスパイまでが入り乱れ、暴走する電気の街・アキハバラ。

安積シリーズの短編に、大したことをしていないのに騒ぎが大きくなったり、自分が犯罪を起こしたとあわててしまう若者の話がありましたね。
アマゾンのカスタマーレビュー 4.0
イマイチ感が・・・40点



51AEvGq6cvL.jpg

内容(「BOOK」データベースより)
横浜、池袋、下高井戸―。非行少年が次々に殺された。いずれの犯行も瞬時に行われ、被害者は三人組でかつ外傷は全く見られないという共通点が。一体誰が何のために?おなじみ碓氷部長刑事も広域捜査の本部にかり出されて…。警察、伝奇、武道、アクション…。今野敏がこれまで書き続けたジャンルを融合した、珠玉のエンターテインメント。堂々のサスペンス巨篇。
陰陽師やお祓いの話が出てきます。珠玉のエンターテインメントって、言い過ぎでしょw
アマゾンのカスタマーレビュー 3.6
60点



91c3QCcDEoL.jpg
内容(「BOOK」データベースより)

渋谷・新宿で相次いで発生した無差別殺傷事件。警察は衆人環視のなか、別人を現行犯逮捕するという失態を繰り返してしまう―。警視庁捜査一課・碓氷弘一は警察庁心理調査官・藤森紗英を相棒に事件の真相に迫る。


プロファイリングがテーマ。美人の警察庁心理調査官が登場・・・これってドラマ化狙いだよね。
アマゾンのカスタマーレビュー 3.9
70点・・・甘すぎか。



81sE1Z3EIXL.jpg

内容(「BOOK」データベースより)
高名な考古学者の妻と弟子が相次いで絞殺され、現場には古代文字「ペトログリフ」が残されていた。この文字について調査を任された警視庁捜査一課の碓氷弘一警部補は、専門家を訪ね歩くうちに最強の助っ人とめぐりあう。それは、考古学、民俗学、言語学に通じる不思議な外国人研究者、アルトマン教授だった。考古学界を揺るがす惨事について、いにしえの文字が伝えようとしている意味とは?刑事と学者、異色のコンビが、殺意の正体に迫る!警視庁捜査一課・碓氷弘一シリーズ第5弾。

今回は相棒が外国人の考古学者w
アマゾンのカスタマーレビュー 3.0 厳しいっすね。
うーん、60点


今野さんの他のシリーズと比べて、イマイチでしたね。STシリーズは本屋で第一作を途中まで立ち読みしてから全く読んでいませんけれど。


「他に読む本がない時に買って読む」程度でしょうか。残念。




k_line_c.gif
posted by 金魚 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
banner_04.gif この書評、気に入りましたらお願いします。