2015年10月17日

本格ミステリばかりじゃ疲れるもんね。 つれづれ

📖 つれづれ、北野坂探偵舎心理描写が足りてない
河野 裕  角川文庫



好きな作家の本がまったく出ていない端境期に・・・

    端境期という言葉が適切ではないのですが、他に思い浮かばないので・・・

しかたなく手に取った本でして・・・失礼w


少しずつ好きな作家を増やしたいわけでして

たぶん去年買い求めたものだと思います。


ani_book2.gif
プロローグを読んでみると、安楽椅子探偵のような。

その後2、3回チャレンジして読めずに放置しておりました。


どうも文体が合わないと読みにくくて・・・

内容も起伏のない話だとダメだな・・・

クィーンの国名シリーズも『ローマ帽子の謎』を読んで次作を買ったものの、それっきりw

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』は傑作と言われているのに、過去10回以上チャレンジしても、50ページも読まないうちに挫折www

         (アンドロイドは未登峰の山でも別格である。)

今野さんや上田さんなら一気に読んでしまうんだけどなぁ。


514KSEx2Y7L.jpg

内容(「BOOK」データベースより)
「お前の推理は、全ボツだ」―駅前からゆるやかに続く神戸北野坂。その途中に佇むカフェ『徒然珈琲』には、ちょっと気になる二人の“探偵さん”がいる。元編集者でお菓子作りが趣味の佐々波さんと、天才的な作家だけどいつも眠たげな雨坂さん。彼らは現実の状況を「設定」として、まるで物語を創るように議論しながら事件を推理する。私は、そんな二人に「死んだ親友の幽霊が探している本をみつけて欲しい」と依頼して…。



幽霊が出てくるのにはがっかりしたけど・・・(背表紙に書いてあるよねw)

ライト・ミステリーだから、しょうがない。


推理をストーリーとして組み立てていくのは面白い。

   (コリン・デクスターの影響を受けているのか?)


「だめだな。まったくリアリティがない。それじゃ読者は納得しない」

「お前の推理は全ボツだ」

「それは酷いな。少なくとも物語のテーマは間違えていないはずです」



こういう流れを面白いと受け取るか、かったるいと思うのかが、この作品の評価の分かれ目でしょう。





続刊を読むかどうか?


読んでみましょう。


         幽霊が出んといいんだけど・・・




k_line_c.gif
posted by 金魚 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428009304
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner_04.gif この書評、気に入りましたらお願いします。