2007年11月23日

暗い数字・・・黒のトリビア

日本人が、何らかの事故に巻き込まれて死ぬ確率は、



          10万分の8 (0.00008%)


だそうです。これは、交通事故・航空機事故はもちろん、殺人、傷害致死、強盗致死などの事件による死亡を含むものです。自殺のように自己の意志で命を絶ったものは含まないようです。データは平成13年一年間に死亡した日本人の数です。
                  黒のトリビア(新潮文庫)による




殺人に限定すれば、0.000011%



0.00008%・・・これがどの程度の確率かは実感しにくいものですが、


ジャンボ宝くじ一等2憶円の当選確率は、0.0000001%だそうで・・・。


理不尽に殺される確率が一等宝くじ当選確率よりも800倍も高いということです。もうやだ〜(悲しい顔)



120829.jpg


「日本には二百人以上を、殺害した女がいる」「死体は出産する」「服役囚の半数は出獄後、再び犯罪に手を染める」――。思わずのけぞる「ゲッ!」の連続。事件の裏、奥の奥までよくわかる、戦慄の豆知識111本。殺人、強姦、放火から警察、鑑識、そして死刑まで、事件の「ヘソ」を実例をあげて解説。あの“殺し”、その“ホトケ”がもっと身近に。現役事件記者たちが明かす、本格的ウラ雑学。文庫書き下ろし。




本黒のトリビア
新潮社事件取材班 新潮文庫

kobito_b.gif
新潮文庫の「黒のトリビア」には、事件・犯罪に関する様々な雑学が収録されていますが、ちょと陰惨な感じもして、おススメしにくい。



・・・・・オイラも買っていないもん。




                 pierrots.gif





エッ! がく〜(落胆した顔)




k_line_c.gif
posted by 金魚 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
banner_04.gif この書評、気に入りましたらお願いします。