2008年01月02日

年の始めは、漱石先生

本 漱石 傑作講演集
  夏目 漱石 ランダムハウス講談社


文庫本のオビ
今よみがえる文豪の名調子!
「私は自己本位という言葉を自分の手に握ってから大変強くなりました」(本文より)



ドヒャーッ! 漱石大先生ってば、理屈っぽーい がく〜(落胆した顔)


雨 【 夏目君の講演はその文章のごとく時とすると門口から玄関へ行くまでにうんざりする事がある 】もうやだ〜(悲しい顔)



それに、講演冒頭のイヤミなくらいの謙遜ぶり・・・いやいや、こんなお方とはお友達にはなりたくないもんです。
                yuka.gif




しかーし、その内容は素晴らしい。





375-1.jpg


「私の個人主義」をはじめ、文豪の人間観、文明観を余すところなく伝える講演集。激動する文明開化の明治を生き抜いた漱石が到達した、「自己本位」と「個性」を重んじる境地とは?「現代日本の開化」「道楽と職業」「模倣と独立」等、名調子の呼び声高い8本を収録したオリジナル編集版。



吾輩は猫であるでも書きましたが、
kobito_b.gifクリックしてね



漱石先生は、明治時代から、この21世紀の未来を視透していたのでしょうか?


いや、おそらく、その巨視的な世界観・哲学観から導かれたのは時代を超越した価値観なのでしょう。



文明開化のもと、近代化で沸き立つなか、その著作「三四郎」の登場人物に、日本は、



        台風 亡びるね 台風



と言わしめた漱石先生・・・凄すぎる。




                 swings.gif



『文芸の哲学的基礎』は、圧巻ですが、『現代日本の開化』も『模倣と独立』も素晴らしい。


そして、『私の個人主義』では、こう語っています。


「第一に自己の個性の発展を仕遂げようと思うならば、同時に他人の個性をも尊重しなければならないという事。

第二に自己の所有している権力を使用しようと思うならば、それに付随している義務というものを心得なければならないという事。

第三に自己の金力を示そうと願うなら、それに伴う責任を重んじなければならないという事。」



「もし人格のないものがむやみに個性を発展しようとすると、他を妨害する、権力を用いようとすると、濫用に流れる、金力を使おうとすれば、社会の腐敗をもたらす。」


「義務心を持っていない自由は本当の自由ではない」


「私のここに述べる個人主義というものは、(中略)他の存在を尊敬すると同時に自分の存在を尊敬するというのが私の解釈なのですから」




                  pierrots.gif


しかしですね、これ、ほんとにこの内容で講演したんでしょうか?



文章化されたものを読んでいっても、理解咀嚼するのがシンドイ
(オイラっておバカ)
聴衆の方々は、耳で聴いただけで理解できたんでしょうか?




正月休みに大満足した作品でした。


                 flower_s.gif

           これで800円、安い!


k_line_a.gif
posted by 金魚 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 漱石大先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/76077171
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
banner_04.gif この書評、気に入りましたらお願いします。