2016年03月19日

それでも読んじゃう上田ワールド

📖 町奉行内与力奮闘記二  他人の懐
上田 秀人  幻冬舎時代小説文庫


      
          
第一作を読んでちょっと冷たく感想を書いたものの・・・



          ani_book2.gif  

上田さんの本は読みやすいから、ついつい手を出しちゃうんだよねー。


              

51bxi6zSDKL__SX329_BO1,204,203,200_.jpg

内容紹介
「他人の懐へ手出ししてきたのはそちらではないか」。江戸町奉行に栄転早々、寺社奉行から因縁をつけられた曲淵甲斐守。配下の町方が富くじの余得を奪おうとしたのが原因だという。衝突回避のため内与力の城見亨が奔走するが、利権が絡む暗闘ゆえ闇は深い。やがて騒動は吉原に飛び火。甲斐守と亨の信念は町方の強欲にのまれるか。波乱の第二弾。



江戸時代が舞台だと、どうしても吉原がでてくるんですね。

幕閣もからむ権力闘争。主人公は剣は冴えるけれども、いささか世事に疎い。しかし誠実な人柄から権力を持つ人物がバックにつく。さらにおきゃんで美人で、男を尻に敷くような女性。

どうしても似た設定になってしまうのは否めません。

それでも読みやすい文体で面白いから読んでしまうんですね。


作者からのメッセージ

「いつの世も同じだが、どんな交渉ごとでも前もっての打ち合わせで成否は決まる。前例と慣例で動く社会は、経験の浅い若者に厳しい。しかし、その辛い思いが、若者を大きく育てていく。
くじけそうになる若者を支えるのは、苦労人たる先輩、そして癒すのは美しい女。
 物語の役者はそろった。」



一巻目は舞台設定。この二巻でようやく主人公を支える脇役が固まり、

いよいよこれから・・・三作目を期待します。



ああ、また神様の御用人を後回しにしてしまったぁ。
            jozi8d.gif

 
k_line_a.gif
posted by 金魚 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

いつの間に出たのか隠蔽捜査

📖 宰領: 隠蔽捜査5
今野 敏  新潮文庫


新聞広告見落としていたんでしょうか・・・

ani_book2.gif
今日本屋に行ったら、見つけたー。ソッコウで読みました。



51sF6UTxjyL.jpg

内容紹介
衆議院議員が行方不明になっている伊丹刑事部長にそう告げられた。牛丸真造は与党の実力者である。やがて、大森署管内で運転手の他殺体が発見され、牛丸を誘拐したと警察に入電が。発信地が神奈川県内という理由で、警視庁・神奈川県警に合同捜査が決定。指揮を命じられたのは一介の署長に過ぎぬ竜崎伸也だった。反目する二組織、難航する筋読み。解決の成否は竜崎に委ねられた!


アマゾンレビューは甘いなーw


そんな中で、

『いつもの竜崎、いつもの対抗馬、いつもの伊丹。』という手厳しいコメがw


竜崎のキャリアの地位に驚くという水戸黄門的読みどころ?

       浅見光彦のほうが近いかw


大事件の時に必ず竜崎の家庭でも事件が起こるしw

まー、これは奥さんのセリフ、

「家のことは任せて、国の仕事をしてらっしゃい」


を言わせたいのねw



このまま偉大なるマンネリとなるのか、それとも読者をうならせるのか。


一気に読んでしまったのですから、面白いことは面白いのですけれどね。


         C12-g002.gif


書店で文庫のランキングで1位の池井戸さんの七つの会議も8位の上田さんの研鑽も買ってます。

研鑽も即日読んだけれども、七つの会議は手つかず、神様の御用人もほったらかしw

ここのところ忙しくて・・・。

早く御用人読まなくっちゃ。


k_line_a.gif
posted by 金魚 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

在庫整理

📖 フランス白粉の謎
エラリー・クイーン  創元推理文庫


      
          ani_book2.gif
第一作の『ローマ帽子の秘密』を読んで記事を書いたのがこの頃・・・


つまりは3年前ってことだな。そしてすぐにこの第二作を買ったはず。

さらにそのあと第三作の『オランダ靴の秘密』を買った。

これもまた、いまだに積ん読というか置い読というかw


          ani_book2.gif  

少ーし読んではやめ、少ーし読んではやめでなかなか読み進めなかったんだよねー。

その間、他の小説かなり読んじゃいましたw

              

51dvUOZReGL__SX345_BO1,204,203,200_.jpg

五番街にある“フレンチズ・デパート”のウィンドウに展示された寝台から、女性の死体が転がり出た。被害者はデパートの取締役会長の後妻。遺体のくちびるには口紅が塗りかけで、所持していた別の口紅からは謎の白い粉が発見される…。この怪事件から唯一無二の犯人を導き出す、エラリーの名推理。巨匠クイーンの地位を不動のものとした“国名シリーズ”第二作。



古典ミステリの傑作です。

だから、読み進めてもなかなか面白くならないw


460ページほどの長編作品ですが、300ページくらい読んでようやく面白くなってきたw

だって、古典ミステリなんだもん。



読んだ甲斐はありました。さすが『古典ミステリの傑作』と称されるだけのことがある。

でも、読むのが大変ね。


・・・・・オイラって、ほんとはミステリ好きじゃないのかなぁ。



時代小説にも少し飽きてきたので、クイーンさんの国名シリーズ読んでみようかな。

なんて言っておきながら、こんなに放っておいたんですねーw


『オランダ靴の秘密』はいつまでに読破できるのでしょうか・・・。

まずは、次女にようやく返してもらった『神様の御用人5』を読んでから。

 
k_line_a.gif
posted by 金魚 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_04.gif この書評、気に入りましたらお願いします。